屋根裏のねずみ退治法

屋根裏などにねずみが住み着いてしまい、被害を受けているという家庭も多いのではないでしょうか。


古い家屋などでは、屋根裏にねずみの一匹や二匹いるのは当たり前だと思っている人も多いかもしれませんが、ねずみの繁殖力はとても強く、あっという間に数が増えてしまいます。



また、ねずみが屋根裏で暴れ回って夜眠れないという被害だけではなく、さまざまな病原菌を保有していますから、病気に感染してしまう可能性もありますし、ノミやダニなどの二次被害も考えられますから、早期にねずみ退治を行うことが大切です。
ねずみ退治法としてもっともポピュラーなものに、ねずみ捕りや粘着シートがあります。

これらのねずみ退治グッズは、ねみずの通り道に設置しておくことで、ねずみを捕獲することができ、手軽に低コストで行うことができます。
ただ、デメリットとしては、捕獲したネズミを処分する必要があり、生きたまま捕獲した場合には、自分で処分しなくてはいけませんから、精神的な負担も少なくありません。


できれば生きたまま家から追い出したいという場合には、超音波がおすすめです。



ねずみが嫌がる超音波を発生する装置を屋根裏などに設置することで、生きたまま追い出すことができます。
価格が高いというデメリットがありますが、簡単で効果がありますから、おすすめのねずみ退治法といえます。

ただ、数が増えてしまい、自分では退治が難しいと思った場合には、専門の駆除業者に依頼するようにしましょう。